立ち呑み漂流の「別館」。熊本駅前にあった居酒屋名店「村祭り」。いまだ余韻。新風連憂国の地。●麗しの日本の心が腐りつつある。日本の「心」を呑む日本酒。その将来に思いを馳せ綴る!


by tatinomi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新幹線は帰りの「いっぺえ」が楽しみ。
弁当と、日本酒を買って乗れば、そこは天国。
缶ビールよりやはり「日本酒」のほうが

「旅愁」こそあれ。

このまえ、コンビニで、大手月桂冠の
生酒に「猪口」がついているのを発見。
やはり、酒は器。「うつわまゆみ」も
そのような噺をしたとか、しないとか。


■なかなか、この猪口、いいなあ。
 安物なりの計算が施され
 「貧乏くさくない」のがいい。





持って返って、十分使えるなあ。


二度と使いたくないような
陶器の猪口は何度も遭遇したが
これは、なかなか。




d0055397_10595671.jpg

[PR]
by tatinomi2 | 2008-08-03 11:02 | 日本酒は心で飲む