立ち呑み漂流の「別館」。熊本駅前にあった居酒屋名店「村祭り」。いまだ余韻。新風連憂国の地。●麗しの日本の心が腐りつつある。日本の「心」を呑む日本酒。その将来に思いを馳せ綴る!


by tatinomi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

d0055397_21264497.jpg


別府。別府駅高架下を大分方面へ。
先ほどの書き込み。
「市場」がある。

市場が途切れ、たこ焼きやのある通り
を山側に歩けば、やがて
「尾道屋」の看板。

ここのたこ焼きは、ソースなしでも旨い。
関西の「ソースで騙す」タイプのたこ焼きにない
どっしり、ずっしり。重い味わいのたこ焼き。


●おや、今日は、もう売り切れ。
 止む終えず、焼き蕎麦を注文。




先ずは、焼酎。
定番

三楽




d0055397_21271417.jpg


手際よく、さっさと焼き上げる。
手馴れた食堂のおばちゃんの手つき。

関西のお好み焼き屋の焼きそばでなく
食堂の焼き蕎麦の感覚。

玉子が、素朴に鎮座。
ああ、三楽との相性よし。










単純に、冷蔵庫の氷を
入れたアイスペールの
素朴な風情。

こういう風情にこそ
食の力が宿る。

三楽との相性よし。












飾り気の全く無い
素朴な世界。

コップがビールコップというのも
いいなあ。


素朴に宿る
力。

[PR]
by tatinomi2 | 2007-07-01 21:33 | 焼酎は気合で呑む