立ち呑み漂流の「別館」。熊本駅前にあった居酒屋名店「村祭り」。いまだ余韻。新風連憂国の地。●麗しの日本の心が腐りつつある。日本の「心」を呑む日本酒。その将来に思いを馳せ綴る!


by tatinomi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

▲京橋「岡室酒店」。ああ、わが原点で「国の骨格」を想う。なんだか「気」漲るなあ!

d0055397_14342699.jpg


こころ和む、至高の「酒屋の立ち呑み」、岡室酒店。
どうも間違う人も多いので、解説。

国道沿いの本家が、「岡室酒店」。
駅近くが弟さんの 「岡室酒店直売所」


わが分類


本家は「立ち呑み」
分家は「立ち飲み」









マスター、奥さん。
すばらしい人柄。紀州人。わが縄文の系譜。

マスターの料理、メニュー、素晴らしきセンス。
ええなあ。








そこでの〆は、
日の丸「奴」

■ここの常連、能勢先生とわたしのこだわり。
 祖国日本への賛歌。


 その「うむい」をこめて

 日の丸「玉ひも奴」



 いただき、まする。


 おお、A。



 人気blogランキングへ 170 位くら
い 、いや、もっと低い。 

実際みたら、270位くらいだった。じゃろう。更新でけんもんねえ。ハイ!のはいな!

どんぶり鉢や浮いた、浮いた、ステテコ、しゃんしゃん。

なんのこっちゃーーーーー。


   を 低位漂流していますので、

    宜しく、お願いします。よろしゅうに!ね!
[PR]
by tatinomi2 | 2006-11-19 14:45 | 日本酒は心で飲む