立ち呑み漂流の「別館」。熊本駅前にあった居酒屋名店「村祭り」。いまだ余韻。新風連憂国の地。●麗しの日本の心が腐りつつある。日本の「心」を呑む日本酒。その将来に思いを馳せ綴る!


by tatinomi2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「立ち呑み庶民」辻戸氏とのFBでのやり取り全文

   

  著書「立ち呑みの流儀」本の表紙を
    立ち飲み屋の看板に流用された件での
     「立ち呑み庶民」辻戸氏とのFBでのやりとり
       全記録を公開します。

      ※ある日から、一切お答え頂けなくなり
       先方に公開の連絡をした上で、あえて公開します。



「立ち呑み文化」存続に応援クリックを!
人気ブログランキングへ



d0055397_10385551.jpg


    
d0055397_1031135.jpg





■Ito Hiromiti Ito 2014年1月15日 11:31


おはようございます。はじめまして、神戸角打ち学会の伊藤と申します。貴店の看板の件です。
私の著書「立ち呑み漂流」の表紙に極似していますが、どういういきさつなのでしょうか。
私としてより、シルエットは書道芸術家の作品、ブックデザインも大阪のデザイナーの作品ですので、そのあたり、二人に説明する必要がありますので、お答えいただきませんでしょうか。
宜しく御願いします。



●立ち呑み 庶民 2014年1月16日 0:09


夜分遅くに失礼致します。
はじめまして立ち呑み庶民の辻戸です。
確かにシルエットと立って飲んでる男性という共通点がありますが、この看板のデザインは
私が京都のデザイナーと打ち合わせを何度か繰り返し作成したものであり
表紙を真似た訳ではございません
。よろしくお願いします。


■ Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年1月16日 6:44


早速ありがとうございます。京都のデザイナーさんとの合作ですか。何人かの会員から連絡があり、「同じ流儀を敷衍する仲間ですか?」との問い合わせ。このシルエットの意味するもの、
意図を聞かせていただきたく。このシルエットは高名な書道作家先生の作品ですので
私から説明の必要がありますし、全国会員からの質問に答えねばならないし、
ご説明を御願いします。



●立ち呑み 庶民 2014年1月17日 1:28

立ち呑みを始める際、男性の年配の男性の1人客をターゲットにしております。
年配の男性が何屋か人目でわかるイメージとして男性が立ち呑みしているシルエットの
デザインに行き着きました。



■Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年1月17日 5:41

ご返信ありがとうございます。
数人から指摘されましたが、本のシルエットを
まるっきり反転しているだけ、との同じ解釈です。
わかりました。
でもど考えても納得が行きません
わが「立ち呑みの流儀の」核心部分ですので。
お手数ですが、京都のデザイナーさんとやらの

お名前
会社名
連絡先

お教えいただけませんでしょうか。
御願い申し上げます。






●立ち呑み 庶民 2014年1月17日 23:36

返信が遅くなり、大変申し訳ございません。
こちらの方から連絡させますのでご連絡先をお教えいただけますか?
あと週明けになりますがよろしいでしょうか?





■Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年1月18日 6:25

ご連絡ありがとうございます。
当方への連絡は
メール  tatinomi@hotmail.com
にて御願いし、ます。
来週で結構です。



●立ち呑み 庶民 2014年1月20日 11:10


連絡が遅くなりご迷惑をおかけしております。
デザイナーの方から直接電話をしたいとの事でして、差し支えなければ伊藤様の電話番号を教えていただけませんでしょうか?
デザイナーはイトウと申します。
よろしくお願い致します。







■伊藤 博道2014/01/20

さっそくありがとうございます。
電話をいただけるということで、了解いたしました。

ただし、いきなり電話をいただいても
話が長くなりますので、こちらから
あらかじめ質問事項をメールさせていただきますので。

それに沿ってお電話いただければ
堂々巡りの時間的なロスもなく
お互い、いいと思うのですが。



●立ち呑み 庶民 2014年1月20日 16:47

デザイナーさんにその旨お伝えしたのですが、こちらから電話で連絡取りたいということなので、
電話番号お伺いできませんでしょうか?
伊藤様のアドレスはお伝えしてあるのですが、メールでのやりとりを行っていないそうなので。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。





■伊藤 博道2014/01/20


ありがとうございます。
こちらのデザイナーさんに確認したいことを事前に
お伝えし、文書で返事が欲しいのです。

メールが出来ないのであれば
お手数ですが、デザイナーさんの住所、
フルネーム、お会社名をお教えいただけませんか?

質問したいことを書いて送らせていただきます。
手紙でのやりとりとさせていただきます。
その返事をい頂いた後、お電話もあわせ
いただければなお嬉しいです。
よろしくお願いします



■伊藤 博道 2014年1月21日 16:39

ご連絡ありがとうございます。メールができないのであれば、こちらから手紙を出させていただきますので、ご氏名、会社名、住所を教えていただけませんか?質問事項を整理してお伝えします。返事を手紙で頂いたあとに、お電話いただければ、なお嬉しい限りです。よろしくお願い申しあげます。






■伊藤 博道 2014年1月24日 15:35


暖かい日の気配の今日の良い天気お店もさぞご繁盛のこととお察し申し上げます。
さて「京都のデザイナー」さんのお会社名、ご担当者名、連絡先、ご連絡いただけないようですが、どうもこの当たりに今回の事案の核心が潜んでいると見ました。
ご連絡いただけないなら、別の提案をさせていただきます。
テント地看板を制作したお会社の、会社名、ご担当者、連絡先をお教えいただけませんでしょうか。なにとぞ宜しく御願い申し上げます。
  


■伊藤 博道 2014年1月29日 13:26

だいぶ暖かい日が続いています
先日から「京都のデザイナー」さんも
「テント地看板屋」さんも、順を追って連絡先をお教え
いただく旨、お願いしておりますが

メッセージはご覧頂いているのでしょうか?
せめて、それだけでもお教えいただけませんか。
何かお教えいただけない理由があると思われますが・・・
可能なら、教えていただけないない理由を
お教え頂けますと、より嬉しいのですが。
よろしくお願い申しあげます。




●立ち呑み 庶民 2014年1月29日 16:13

忙しいので返事遅くなり申し訳ございません。
看板のデザインのことですが、
一応著作権情報センターで今回の件で
確認をとらせていただきました。
そもそも、今回のデザインのアイデアは私が考えデザイナーさんにお願いし、
デザイナーさんの父親をモデルとして作っており、伊藤様の本の表紙を真似た訳ではなく、
そもそもその本の存在すら知りませんでした。
それと、
こちらのデザイナーからもその説明をしますのでお電話番号を教えていただいて
よろしいでしょうか?


■Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年1月29日 17:15

ご連絡、
ありがとうございます。
確かに起案の状態では辻戸さまの「完全オリジナル」の意向もわかります。

ただ・・・・・辻戸様が・・・・
私の本を知らず発注してたとしても・・・・
仲介受け手、最終制作会社、が私の本を見ていて最終版下に至った
ことも考えられます。
「立ち呑み」検索で容易にトップで出てきますので
むしろ商売でデザインなどされている方なら
おそらく、目にしていると思います。
「京都のデザイナーさん」が最終版下まで
仕上げたのか、あるいは、辻戸様の
口頭でのイメージを、誰かに仲介でまとめてラフを
テント地版下制作会社に渡し、そこで
最終版下をこさえ印刷仕上げまで行ったか、と
いうことです。

何度も申し上げてあいすいませんが、
相手がどの立場のどんな方かわからず
いきなり電話をもらっても、結局
曖昧になります。
くどいようですが、その方の本名と
お会社、連絡先をお教えください。
こちらからの質問を文書で頂きたいと思います
メールが使えないなら、郵便で送らせていただきます。
どうしても、ご連絡いただけない場合はその旨
お伝えください。
宜しくお願いします。




■伊藤 博道2014/02/02

暖かい日が続いています、お変わりありませんか。さて、再三、「京都のデザイナーさん」の
連絡先お教えいただくよう御願いしていますが・・・・。よほどの事情があって
教えていただけないのでしよう。    
致し方ありません、それならば、最終看板をこさえた看板屋さんの、
屋号・担当者・連絡先をお教えいただきませんでしょうか。
こちらなら即刻に返信いただけると確信しています。2月11日建国記念日に
酒の会の記念行事があり、著作権者の先生にあいますので、
この件を説明しなければなりません。ご協力なにとぞ宜しく御願い申し上げます




■Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年2月5日 13:47


暖かいと思えば急に寒くなったり。風邪など召されていませんか。
再三にわたるお願いに依然答えていただいていません。よほどの事情があってのことでしょう。
大方の察しはつきました。とはいえ、建国記念日に「版権者先生」に
お会いして、今回の経緯を申し述べる必要に迫られています。
「著作者に無断で著作物を横流しして対価を得ている」と思われ
苦境に立たされているのです。
事情があるのはわかります。せめて、①「京都のデザイナー」「看板製作者」
の氏名屋号は連絡できない②連絡できる だけでも返信いただけませんか。
真相究明に力を貸してください。



  
●立ち呑み 庶民 2014年2月5日 14:21

返事が遅くなり申し訳ございません。
まだお店がオープンして二ヶ月で当初の売上計画の二倍を推移しており、
営業時間は朝の11時から23時で通し営業をしております。
従業員は私とあとは女性のパートナーさんだけで、更に仕入れは毎朝中央市場に行き
日々の営業に追われている状況です。
こまめな返事が出来なく申し訳ございません。

私としまして伊藤様にご迷惑をおかけするつもりは一切ございません。
私もデザイナーに連絡をしたのですが、
今回の件で著作権情報センターに確認して、
何ら問題がないと言っており今後連絡を取る必要がないと言っております。


そのため伊藤様にデザイナーの連絡先をお伝えする事が出来ない状況です。
私としても早急に連絡を取り合ってもらい解決してほしいと望んでおります。
申し訳ございません。


■Hiromiti Ito Hiromiti Ito 2014年2月6日 15:17


デザイナーさんが著作権法で問題ないというのは
全くお門違いです。やましいから逃げ回っているとしか思えません。
人間の「信義」がおありなのですかね?。残念でたまりません。
私は何も飲食同業者ではありません。ただ、ただ、
「立ち呑みの流儀」をライフワークとしている私には
「道義的に絶対に許せることではない」ということだけです。
「京都のデザイナーさん」がご執心の
著作権の話はその後の、シルエット作者先生、及び
ブックデザインの(株)モノリスと 「京都のデザイナー」さん
との権利問題になりますので、その旨伝えておきます。



やっと真相が掴めました。


実は看板制作会社もほぼ特定でき、こちらを紹会
いただけないのもそう考えると理由がありよく理解できます。
商道徳というものをどう考えているのでしょうかね?



◎わかりました。納得できませんが、とりあえず

  「日中国交正常化時点での尖閣問題」
に習い、私と辻戸さんとの間では一度棚上げしましょう。
著作権問題は、著作権者と「デザイナー」さんで
決着してもらいましょう。

◎但し条件があります。これまで一切ブログでは
 解決まではどこの件を伏せていましたが、書き込みます。
 「立ち呑みの流儀本」「立ち呑み庶民看板」を併記
  当書籍、及び当流儀は、この看板の「立ち呑み 庶民」
  とは一切関係がありません。と書き込みます。


一方的にこちらだけ書き込むのも片手落ちなので
辻戸様も、FB(もしあればブログ)に最低1ヶ月
書きおいてください。
お忙しいので、この条件で、当面の間「棚上げ」
しませんか。ご返事お待ちしております。






■伊藤 博道2014/02/07

雪が降る天気予報です。寒い。
さて、先日のご提案の一時「棚上げ」提案
ご賛同いただけないようなので撤回させていただきます。

辻戸さんのFB発信、と公平なる同時内容発信を
期待していましたが、無念です。こちらは待てません。
さきほど「立ち呑み漂流」で、最低限の告知
(やりとりの内容は完全に伏せています)

この件はさておき
「京都のデザイナー」さんの一方的な著作権見解
首を長くして11日までに、お待ちしております。
お風邪などお召しにならぬよう。



にかえさせて頂きます。
(ご質問)申し出のあった著作権情報センタは、
①電話相談②対面相談、
どちらか御願いします。  


■Ito Hiromiti Ito 2014年2月8日 13:46

こちらは雪、4センチくらい積もっています
先ほど柳生新陰流の使い手から、辻戸様のFBに
「思いのたけ」を述べたい、とのご提案。
暫く待つよう御願いしました。

そして、貴FBを見れば、問題のシルエット画像が
取り払われている、店の看板はどうなのでしょうか。
あれだけ、独自オリジナルを主張していた強気が
どうしたのですか?理解できません


この一件により、これまで順序だってお聞きした
すべての真相解明の「道筋」が大きく変わります
かねてよりご指摘の11日、建国祭に開かれる
会で著作権者に釈明の要あり。

◎京都のデザイナーさん?の
 著作権の問題は無い、の根拠

◎今回の貴FBから問題の看板画像を
 撤去した理由


この2点だけでよろしいのでご解答御願いします。
ご返事なき場合、「立ち呑みの流儀本」の
イラストならびにブックデザインの流用で
あったという結論にさせていただきます。

10日中に御願いします。




●立ち呑み 庶民 2014年2月8日 22:09


連絡遅くなり申し訳ございません。

◎著作権の問題がないの根拠は「独自の作品」と主張されております。

◎ホームページの画像に関しては伊藤様との問題を特に私は問題にしておりません。試しに変えてみただけです。
やはり前の画像がよかったので戻します。




   
   これ以降一切連絡なし







■伊藤 博道2014/02/13

おはようございます。雪ですね。御願いの貴FB上で「立ち呑みの流儀」表紙をコピペして、
この本とは一切の関係が無い旨表示、ご同意いただけない。ということは、
2つの画像が「関係あり」ご表明と解釈します。


◎お忙しいので「京都のデザイナーさん?」にいちいち相談しなくても即答できる
簡単な質問にかえさせて頂きます。
(ご質問)申し出のあった著作権情報センタは、
①電話相談②対面相談、どちらか御願いします。  
ご返信お待ちしております!‏




■伊藤 博道2014/02/15


おはようございます。
著作権情報センターのお問い合わせ
ご返事いただいておりません。
本日中に御願いします。

◎食べログの屋号を昨日から
 立ち呑みを外し「庶民」に急に変えましたが

  ①ウエブ上だけのこと
  ②今後屋号からも「立ち呑み」は外すか「立ち飲み」に替える考えがある
あわせて、ご連絡御願いします。
◎ご提案ですが、「オリジナルだ」の一点張りで
  なんら返事がもらえません。真相解明を早めるため
  ①貴FB上での、公開質問、返答
  ②私の、「立ち呑み漂流」裏ブログ上で公開質問、返答
  合わせ、ご意向をお知らせください。




■伊藤 博道2014/02/17


質問に、一切お答えいただけないようですが。
どうされましたか?こちらも著作権者に一切報告できず
大変に困っているのですよ!
辻戸様のおっしゃる、
「京都のデザイナー」さんとは
施工された看板会社様のことでしょうか?
仲介者のことと今の今まで思っていましたが
どうも違うようですね。
すぐにお答えください!
この件に正直にお答えいただければ、
この前の、お問い合わせ項目は
保留で結構です!

  ※この件に関しては、独自に看板業者を
   探し当て、連絡を取り、辻戸氏側から
   版下を支給されて造った旨回答を頂く。
   従って、辻戸氏と協力者が一緒になって
   版下を作った事実が判明!





■伊藤 博道2014/02/23

おはようございます。
以下の件、ご返信御願いします。
◎何度も御願いしている件です。
 「著作権情報センター」への問い合わせ
 面談、電話のいずれでされましたか?
 この件に関しては、辻戸様からの申告でしたので
 即座に、お答えいただけるはずです。
 著作権者に報告の必要がありますので。




■伊藤 博道2014/02/24


先日より、一切、ご返信がいただけていません。

昨日の、著作権情報センターへの
問い合わせ、
①対面問い合わせ
②電話問い合わせ

即座に、ご連絡いただけるはずです。
この件は、辻戸様からの連絡内容です
これに答えていただきませんと、
著作権者への報告が出来ません。
本当に困っています。

それとも、実際には相談していない!
のでしょうか。本日中に
御願いします。



■伊藤 博道 2014年2月27日

度重なる、質問を無視。ご返事いただけません。
嘘の上塗りとはぐらし。きわめて残念です。
著作権者及び読者、会員に申し開きが
立ちません。

やむをえませんね。かねての通告
通り、ブログで「全てのやり取り」公開します。
ここまではしたくありませんでしたが、
致し方ありません。
お互いに、哀しいいことですね。
[PR]
by tatinomi2 | 2014-02-27 07:54 | 酒屋の立ち呑み